ウバメガシ(イマメガシ)

植物図鑑

図鑑の見方

植物名

ウバメガシ(イマメガシ) 

学 名

Quercus phillyreoides A.Gray 

科 名

ブナ科 Fagaceae 

旧科名

FAGACEAE ブナ 

園内の花

解 説

落葉低木から高木。高さ10mほどになることもある。海岸沿いの山地に生える。4~5月に花をつけ、翌年の秋に果実は熟す。 

自然分布

本州(神奈川県以西)・四国・九州/朝鮮・中国に分布 

絶滅危惧ランク

 

日本固有

筑波山分布

利 用

生垣や庭木として用いられる。材は優良な木炭になる。 

名前の由来

若葉が茶色であることを老女にたとえた「(姥樫」設と果実(どんぐり)が姥の目のようであることをたとえた「姥目樫」説がある。 

園内区画

低木林(低地性)常緑広葉樹林温帯資源植物 東 

「おすすめ」
登場回数

5

スタッフによる今週のおすすめで紹介された回数を表します。

拡大表示

  • 葉

  • 葉

  • 葉

  • 芽

  • 樹皮

    樹皮