ウマノアシガタ(キンポウゲ)

植物図鑑

図鑑の見方

植物名

ウマノアシガタ(キンポウゲ) 

学 名

Ranunculus japonicus Thunb. var. japonicus 

科 名

キンポウゲ科 Ranunculaceae 

旧科名

RANUNCULACEAE キンポウゲ 

園内の花

解 説

多年草で,茎の高さは60cmになる。茎や葉柄は開出毛が見られ,葉身は3-5中深裂し,裂片はさらに2-3裂,両面に伏毛がある。花期は4-5月で,花には小梗があり,時には数十個付ける。萼片は船形で長さ約6mmで,緑色。花弁は広倒卵形で長さ10-12mm,光沢がある花柱は短く少し外曲する。 

自然分布

北海道(西南部)・本州・四国・九州・沖縄の山地,丘陵地。朝鮮・満州・中国・ウスリー・ウダ・台湾 

絶滅危惧ランク

 

日本固有

筑波山分布

園内区画

山地草原(低地性)、圃場 

「おすすめ」
登場回数

1

スタッフによる今週のおすすめで紹介された回数を表します。

拡大表示

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 葉

  • 全形

    全形