エウロフィエラ・ロエンプレリアナ(マダガスカルの女王)

植物図鑑

図鑑の見方

植物名

エウロフィエラ・ロエンプレリアナ(マダガスカルの女王) 

学 名

Eulophiella roempleriana (Rchb.f.) Schltr. 

科 名

ラン科 Orchidaceae 

園内の花

研究者ノート

「マダガスカルの女王」のニックネームを持つ、ラン科でもっとも大きくなる種のひとつ。マダガスカル東部の海岸から中央高地の標高1000mあたりまでの限られた場所にしか分布しません。この植物は、タコノキ属の枝にしか着生しない変わった特徴がありますが、なぜ他の種類の木に着生しないのか、理由は分かっていません。花を見るチャンスがめったにないため、19世紀末にヨーロッパに持ち込まれて以来、花が咲くたびにニュースになりました。(遊川知久) 

自然分布

マダガスカル東部の海岸から中央高地の標高1000mあたりまでの限られた場所 

絶滅危惧ランク

 

日本固有

筑波山分布

園内区画

実験温室・準備温室 

「おすすめ」
登場回数

0

スタッフによる今週のおすすめで紹介された回数を表します。

拡大表示

  • 蕾

  • 蕾

  • 蕾

  • 全形

    全形