エゾユズリハ(ヒナユズリハ)

植物図鑑

図鑑の見方

植物名

エゾユズリハ(ヒナユズリハ) 

学 名

Daphniphyllum macropodum Miq. var. humile (Maxim. ex Franch. et Sav.) K.Rosenthal 

科 名

ユズリハ科 Daphniphyllaceae 

旧科名

DAPHNIPHYLLACEAE ユズリハ 

園内の花

解 説

ユズリハの変種で、雪の多い山地に見られる高さ1-3mの常緑低木。枝は下部で分枝し、よくしなる。葉は枝の上部で互生し、ユズリハに似ているが長さ10-15cmと小さく薄い。雌雄異株で、前年枝の上部の葉腋に花弁も萼も無い花をつける。果実は黒藍色に熟す。 

自然分布

北海道・本州(山口以北の日本海側)、南千島 

絶滅危惧ランク

 

日本固有

筑波山分布

利 用

庭木に利用。 

園内区画

砂礫地植物(山地性)低木林(高地性)冷温帯落葉広葉樹林 

「おすすめ」
登場回数

1

スタッフによる今週のおすすめで紹介された回数を表します。

拡大表示

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 蕾

  • 果実

    果実
  • 果実

    果実
  • 果実

    果実
  • 果実

    果実