エニシダ(金雀枝)

植物図鑑

図鑑の見方

植物名

エニシダ(金雀枝) 

学 名

Cytisus scoparius (L.) Link 

科 名

マメ科 Fabaceae/Leguminosae 

旧科名

FABACEAE マメ 

園内の花

解 説

地中海沿岸原産の落葉低木。日本には江戸時代初めに渡来した。ほうき状に枝分かれする。5~6月、長さ2cm程の黄色の花をつける。豆果は長さ5cm程で、黒褐色に熟す。 

自然分布

ヨーロッパ南部原産。 

帰化分布

北海道・本州・四国・九州に帰化。 

絶滅危惧ランク

 

日本固有

筑波山分布

利 用

観賞用。 

名前の由来

オランダ語の「エニスタ」が転化したしたもの。 

園内区画

温帯資源植物 西 

「おすすめ」
登場回数

0

スタッフによる今週のおすすめで紹介された回数を表します。

拡大表示

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花 全形

    花 全形
  • 果実

    果実
  • 果実

    果実