ダルマギク

植物図鑑

図鑑の見方

植物名

ダルマギク 

学 名

Aster spathulifolius Maxim. 

科 名

キク科 Asteraceae/Compositae 

旧科名

ASTERACEAE キク 

園内の花

解 説

多年草で、海岸の岩上に生える。基部は亜低木状でよく分枝し、枝は開出し、花をつけない枝の先にロゼット状に葉をつけ、花をつける枝は高さ約25cm、密に長軟毛と腺毛がある。ロゼットの葉は長さ3-9cm、幅1.5-5.5cmで倒卵状さじ形、縁は全縁か鈍鋸歯があり、厚く、両面に密に腺質の軟毛をもつ。花期は10-11月。頭花は径3.5-4cm、青紫色で、枝の先に単生し、上向きに咲く。そう果は長さ3.5mm、扁平な長楕円形で面に1肋があり、有毛。 

自然分布

本州(中国地方の日本海側)・九州・朝鮮・ウスリー 

絶滅危惧ランク

 

日本固有

筑波山分布

利 用

江戸時代末には栽培されていた。 

園内区画

温帯資源植物 東 

「おすすめ」
登場回数

2

スタッフによる今週のおすすめで紹介された回数を表します。

拡大表示

  • 花