オオバグミ(マルバグミ)

植物図鑑

図鑑の見方

植物名

オオバグミ(マルバグミ) 

学 名

Elaeagnus macrophylla Thunb. 

科 名

グミ科 Elaeagnaceae 

園内の花

解 説

常緑低木。枝は伸長して高く上昇し、分枝は下向する。小枝はやや太く、白茶色の鱗片に覆われ、明らかな稜角をもつ。葉は長さ5-8(-10)cm、幅4-6cmで広卵形、しなやかな革質で急鋭尖頭、基部は円く、表面は深緑色で光沢をもち、はじめは白鱗で覆われ、裏面は銀白色の鱗片をしき、平滑で、その上に淡黄褐色の鱗片を散生するものもある。果実は長さ1.5-2cmで長楕円形、4月頃紅熟し、果面に白鱗が残り、しなやかな小果柄で下垂する。 

自然分布

本州(関東以西)・四国・九州・琉球・朝鮮南部・(中国東部沿海諸島) 

絶滅危惧ランク

 

日本固有

筑波山分布

園内区画

山地草原(低地性)砂礫地植物(海岸性)岩礫地(海岸性) 

「おすすめ」
登場回数

1

スタッフによる今週のおすすめで紹介された回数を表します。

拡大表示

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花 葉

    花 葉
  • 花 葉

    花 葉