オオバショウマ

植物図鑑

図鑑の見方

植物名

オオバショウマ 

学 名

Cimicifuga japonica (Thunb.) Spreng. var. macrophylla (Koidz.) H.Hara 

科 名

キンポウゲ科 Ranunculaceae 

旧科名

RANUNCULACEAE キンポウゲ 

園内の花

解 説

山地のなかに生える多年草。高さは70~120cm。根生葉は1回3出複葉。小葉は円心形で長さ7~20cm、5~9裂し、裂片には不ぞろいの鋸歯がある。茎の先の穂状花序に無柄の白い花を密につける。 

自然分布

本州、四国、九州 

絶滅危惧ランク

 

日本固有

筑波山分布

名前の由来

葉が大きいことによる。 

園内区画

岩礫地(山地性) 

「おすすめ」
登場回数

0

スタッフによる今週のおすすめで紹介された回数を表します。

拡大表示

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 全形

    全形