ホソバノギク(キシュウギク)

植物図鑑

図鑑の見方

植物名

ホソバノギク(キシュウギク) 

学 名

Aster sohayakiensis Koidz. 

科 名

キク科 Asteraceae/Compositae 

旧科名

ASTERACEAE キク 

園内の花

解 説

谷川の湿った岩上に生える、高さ50cmほどの多年草。岩の隙間に地下茎をはわし、茎を直立させる。茎の上部は湾曲することがある。葉は線形で表面に光沢があり、下部のものは花時に枯れる。花は径2cmほどで、5-8個の白色の舌状花をもち、茎の先につく。 

自然分布

本州(紀伊半島熊野川支流域) 

絶滅危惧ランク

絶滅危惧Ⅱ類 (VU) 

日本固有

筑波山分布

園内区画

砂礫地植物(山地性) 

「おすすめ」
登場回数

0

スタッフによる今週のおすすめで紹介された回数を表します。

拡大表示

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花