コマユミ

植物図鑑

図鑑の見方

植物名

コマユミ 

学 名

Euonymus alatus (Thunb.) Siebold var. alatus f. striatus (Thunb.) Makino 

科 名

ニシキギ科 Celastraceae 

旧科名

CELASTRACEAE ニシキギ 

園内の花

解 説

各地の山野にはえる落葉低木。ニシキギの1品種。ニシキギによく似ており、分布や生育地も同じであるが、枝にコルクの質の翼を持たないことが唯一の区別点である。茎に翼がなく、葉裏脈状に毛があるのがケコマユミ、茎に翼があり、葉が有毛であるのがケニシキギである。花は4数性で心皮は離生して中に赤い仮種皮につつまれた種子がある。1花から種子は1または2個だけ実る。果実は秋に熟す。 

自然分布

北海道・本州・四国・九州、中国・アジア(東北部) 

絶滅危惧ランク

 

日本固有

筑波山分布

園内区画

低木林(高地性)岩礫地(山地性)水生植物中央広場 

「おすすめ」
登場回数

19

スタッフによる今週のおすすめで紹介された回数を表します。

拡大表示

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 果実

    果実
  • 葉

  • 全形

    全形
  • 全形

    全形
  • 全形

    全形
  • 全形

    全形