シュロガヤツリ

植物図鑑

図鑑の見方

植物名

シュロガヤツリ 

学 名

Cyperus alternifolius L. 

科 名

カヤツリグサ科 Cyperaceae 

旧科名

CYPERACEAE カヤツリグサ 

園内の花

解 説

大型の多年草。池や湿地に生える。葉は茎の基部の鞘のみで、葉身はほとんどない。葉状の苞葉は多数が輪状につき、シュロの葉状で、長さ10-30cm。枝は長さ5-15cmで枝先には径10-15mmの球状の分花序をつけ、10-30個の小穂を放射状につける。散形花序は複生する。 

自然分布

本州(関東南部以西)・四国・九州・琉球・小笠原 

帰化分布

世界の熱帯 

絶滅危惧ランク

 

日本固有

筑波山分布

園内区画

熱帯資源植物温室 

「おすすめ」
登場回数

8

スタッフによる今週のおすすめで紹介された回数を表します。

サムネイル表示

  • 次へ
花
  • 次へ

撮影場所
熱帯資源植物温室
撮影日
2007.11.28
撮影者
佐藤絹枝