マルバハタケムシロ

植物図鑑

図鑑の見方

植物名

マルバハタケムシロ 

学 名

Lobelia loochooensis Koidz. 

科 名

キキョウ科 Campanulaceae 

旧科名

CAMPANULACEAE キキョウ 

園内の花

解 説

海岸沿いの岩場で湧き水がでる特殊な環境に生育する。琉球列島の固有種。基準産地の沖縄島では開発により絶滅した。久米島でも絶滅したと思われていたが近年の調査によって自生が再確認された。近縁種はオーストラリアとニュージーランドに分布する。 

自然分布

日本(奄美大島、沖縄島、久米島) 

絶滅危惧ランク

絶滅危惧ⅠB類 (EN) 

日本固有

筑波山分布

園内区画

絶滅危惧植物 

「おすすめ」
登場回数

13

スタッフによる今週のおすすめで紹介された回数を表します。

サムネイル表示

花 葉

花 葉

撮影場所
不明
撮影日
2013.10.3
撮影者
永田翔