アカバナ

植物図鑑

図鑑の見方

植物名

アカバナ 

学 名

Epilobium pyrricholophum Franch. et Sav. 

科 名

アカバナ科 Onagraceae 

旧科名

ONAGRACEAE アカバナ 

園内の花

解 説

山野の水湿地に生える多年草。茎は円柱形で、高さが15-90cmになる。葉は対生し、しばしば茎を抱く。葉身は卵形または卵状楕円形で長さ2-6cm、幅1-3cmで、縁には鋸歯がある。茎と葉は赤みを帯びることがある。茎の上部に長さ5-10mmの紅紫色の花をつける。花弁は4個で先端は浅く2裂し、雌しべの柱頭はこん棒状になっている。朔果は細長く約3-8cm。 

自然分布

北海道、本州・四国・九州・朝鮮・中国・樺太・千島 

絶滅危惧ランク

 

日本固有

筑波山分布

園内区画

常緑広葉樹林 

「おすすめ」
登場回数

0

スタッフによる今週のおすすめで紹介された回数を表します。

サムネイル表示

  • 前へ
全形
  • 前へ

全形

撮影場所
園内自生
撮影日
2006.12.1
撮影者
佐藤絹枝