キクタニギク(アワコガネギク)

植物図鑑

図鑑の見方

植物名

キクタニギク(アワコガネギク) 

学 名

Chrysanthemum boreale (Makino) Makino 

科 名

キク科 Asteraceae/Compositae 

旧科名

ASTERACEAE キク 

園内の花

解 説

山地の谷間のやや乾燥している崖に生える多年草。地下茎は長くのばさない。花は黄色でやや多くつく。径は約1.5cm 

自然分布

本州(岩手県以南の太平洋側・関東・長野県・近畿・九州北部)、朝鮮・中国(北部・東北) 

絶滅危惧ランク

準絶滅危惧 (NT) 

日本固有

筑波山分布

名前の由来

京都東山の菊渓の菊の意味 

園内区画

岩礫地(海岸性)温帯資源植物 東、圃場 

「おすすめ」
登場回数

7

スタッフによる今週のおすすめで紹介された回数を表します。

サムネイル表示

  • 前へ
花
  • 前へ

撮影場所
岩礫地(海岸性)
撮影日
2007.11.3
撮影者
佐藤絹枝