アズキナシ(カタスギ, ハカリノメ)

植物図鑑

図鑑の見方

植物名

アズキナシ(カタスギ, ハカリノメ) 

学 名

Sorbus alnifolia (Siebold et Zucc.) K.Koch 

科 名

バラ科 Rosaceae 

旧科名

ROSACEAE バラ 

園内の花

解 説

落葉高木。葉は光沢があり葉脈が目立つ。5~6月、白い花をつける。 果実は長さ1cm程の楕円形で、秋に赤く熟す。 

自然分布

北海道・本州・四国・九州、アジア(東北部) 

絶滅危惧ランク

 

日本固有

筑波山分布

利 用

材から木炭が作られる。緑化樹に用いられることもある。果実酒等。 

名前の由来

果実がナシに似てアズキのように小さいのでこの名がある。 

園内区画

冷温帯落葉広葉樹林 

「おすすめ」
登場回数

1

スタッフによる今週のおすすめで紹介された回数を表します。

サムネイル表示

  • 前へ
紅葉
  • 前へ

紅葉

撮影場所
冷温帯落葉広葉樹林
撮影日
2007.11.8
撮影者
佐藤絹枝