サネカズラ(ビナンカズラ)

植物図鑑

図鑑の見方

植物名

サネカズラ(ビナンカズラ) 

学 名

Kadsura japonica (L.) Dunal 

科 名

マツブサ科 Schisandraceae 

旧科名

SCHISANDRACEAE マツブサ 

園内の花

解 説

雌雄異株。常緑のつる性木本で、無毛。若枝は赤味を帯び、粘液を含む。葉身は楕円形、から卵形、長さ5-13cm、幅2.5-6cm、低い鋸歯を持ち、表面は光沢がある。花は広鐘形、径約1.5cm。花柄は長く垂れ下がって咲く。花被片は黄白色、8-17枚。球状で、赤色の集合果をつける。 

自然分布

本州(関東地方以西)・四国・九州・琉球/朝鮮(済州島)・台湾・中国大陸(暖帯-亜熱帯) 

絶滅危惧ランク

 

日本固有

筑波山分布

園内区画

山地草原(高地性)常緑広葉樹林 

「おすすめ」
登場回数

1

スタッフによる今週のおすすめで紹介された回数を表します。

サムネイル表示

  • 前へ
  • 次へ
花
  • 前へ
  • 次へ

撮影場所
常緑広葉樹林
撮影日
2006.8.28
撮影者
佐藤絹枝