ミツデカエデ

植物図鑑

図鑑の見方

植物名

ミツデカエデ 

学 名

Acer cissifolium (Siebold et Zucc.) K.Koch 

科 名

ムクロジ科 Sapindaceae 

旧科名

ACERACEAE カエデ 

園内の花

解 説

日本固有。雌雄異株。温帯の山地に生える落葉高木で、高さ20mになる。枝は淡緑色、今年枝には上向きの白色の屈毛がある。葉は有花枝では仮頂芽および上方の側芽から1-3対(下方の側芽からは花序がでる)、無花枝では1-7対(側芽からは1-2対)生じ、3小葉、小葉は楕円形、葉柄は長さ2-8cm、頂小葉の葉身は長さ5-11cm。花期は5月。花序は総状で有花枝の仮頂芽または側芽から生じ、長さ5-8cm、20-40花つく。花は淡黄色。 

自然分布

北海道(南部)・本州・四国・九州(中部) 

絶滅危惧ランク

 

日本固有

筑波山分布

園内区画

冷温帯落葉広葉樹林 

「おすすめ」
登場回数

5

スタッフによる今週のおすすめで紹介された回数を表します。

サムネイル表示

  • 前へ
  • 次へ
紅葉
  • 前へ
  • 次へ

紅葉

撮影場所
冷温帯落葉広葉樹林
撮影日
2007.11.8
撮影者
佐藤絹枝