アカマツ(メマツ, メンマツ)

植物図鑑

図鑑の見方

植物名

アカマツ(メマツ, メンマツ) 

学 名

Pinus densiflora Siebold et Zucc. 

科 名

マツ科 Pinaceae 

旧科名

PINACEAE マツ 

園内の花

解 説

山野に自生する30mほどの常緑樹。樹皮は赤褐色、老木になると暗褐色となる。葉は2本束生し、針葉。雄花は若枝の下部に、雌花は先端につく。メマツとも言う。雌雄同株。 

自然分布

北海道(南部)・本州・九州(屋久島まで)、朝鮮・中国(東北) 

絶滅危惧ランク

 

日本固有

筑波山分布

利 用

植林や庭木に利用。 

名前の由来

樹皮が赤褐色のため。 

園内区画

山地草原(低地性)砂礫地植物(山地性)、研究部棟周辺、温帯資源植物 東筑波山の植物 

「おすすめ」
登場回数

2

スタッフによる今週のおすすめで紹介された回数を表します。

サムネイル表示

  • 前へ
  • 次へ
葉
  • 前へ
  • 次へ

撮影場所
温帯資源植物 中央
撮影日
2006.12.28
撮影者
二階堂