アタシカカナワラビ

植物図鑑

図鑑の見方

植物名

アタシカカナワラビ 

学 名

Arachniodes exilis (Hance) Ching f. oohorae (H.Ito^) Seriz. 

科 名

オシダ科 Dryopteridaceae 

旧科名

DRYOPTERIDACEAE オシダ 

園内の花

解 説

ホソバカナワラビに似るが,葉身は3~4回羽状に分かれ,小羽片は長さ2mm前後ではっきりした柄を持つ。胞子嚢群は小さく,辺縁近くに位置し,全縁の包膜を持つ。染色体数はn=41 

自然分布

本州(三重県) 

絶滅危惧ランク

絶滅危惧ⅠA類 (CR) 

日本固有

筑波山分布

園内区画

シダ植物、圃場 

「おすすめ」
登場回数

0

スタッフによる今週のおすすめで紹介された回数を表します。

サムネイル表示

  • 前へ
  • 次へ
葉
  • 前へ
  • 次へ

撮影場所
シダ植物
撮影日
2012.3.7
撮影者
永田翔