ローレルカズラ(ゲッカイカズラ)

植物図鑑

図鑑の見方

植物名

ローレルカズラ(ゲッカイカズラ) 

学 名

Thunbergia laurifolia Lindl. 

科 名

キツネノマゴ Acanthaceae 

旧科名

ACANTHACEAE キツネノマゴ 

園内の花

解 説

つる性多年草。高さ数メートル以上になり、ヤハズカズラによく似ているが、葉が異なり、卵状披針形でほぼ全縁、葉脈が基部から三行脈状になる。葉は厚く革質で、花は腋生または頂生で総状花序をなし、花冠裂片は淡青紫色で喉部淡黄色。野生下ではよく結実するが、栽培下では結実しない。大正初年に渡来。 

自然分布

ビルマ・タイ・マレー半島・アンダマン諸島 

絶滅危惧ランク

 

日本固有

筑波山分布

利 用

観賞用・薬用 

園内区画

熱帯低地雨林室 

「おすすめ」
登場回数

29

スタッフによる今週のおすすめで紹介された回数を表します。

サムネイル表示

  • 前へ
  • 次へ
花
  • 前へ
  • 次へ

撮影場所
熱帯低地雨林室
撮影日
2007.1.7
撮影者
佐藤絹枝