アイアスカイノデ

植物図鑑

図鑑の見方

植物名

アイアスカイノデ 

学 名

Polystichum longifrons Sa.Kurata test 

科 名

オシダ科 Dryopteridaceae 

旧科名

DRYOPTERIDACEAE オシダ 

園内の花

解 説

葉軸の鱗片は糸状で縁に少し辺毛がある。葉のようすは直立、あるいは斜上。イノデによく似るが、葉柄下部につく大きな鱗片は披針形、全縁に近く、栗色のものも混じる。鱗片は幅狭く、中軸下部のもので狭披針形に近く、やや細長い。小羽片はほぼ全縁から浅裂、胞子嚢群は小羽片の片縁寄りにつく。低山地の疎林の林床や山麓などに生じる。 

自然分布

本州(岩手県以南)・四国・九州 

絶滅危惧ランク

 

日本固有

筑波山分布

名前の由来

イノデは猪手の意 

園内区画

常緑広葉樹林シダ植物 

「おすすめ」
登場回数

0

スタッフによる今週のおすすめで紹介された回数を表します。