アガパンツス・オリエンタリス

植物図鑑

図鑑の見方

植物名

アガパンツス・オリエンタリス 

学 名

Agapanthus orientalis Leighton 

科 名

ヒガンバナ科 Amaryllidaceae 

旧科名

AMARYLLIDACEAE ヒガンバナ 

園内の花

解 説

本種を親種として多くの園芸品種が作出された。Agapanthus praecoxの亜種とする見解もある。本種を含むアガパンツス属を中心に独立した科(Agapanthaceae)とする場合もある。 

自然分布

南アフリカ 

絶滅危惧ランク

 

日本固有

筑波山分布

園内区画

温帯資源植物 西 

「おすすめ」
登場回数

4

スタッフによる今週のおすすめで紹介された回数を表します。

サムネイル表示

  • 前へ
  • 次へ
花
  • 前へ
  • 次へ

撮影場所
温帯資源植物 西
撮影日
2006.7.14
撮影者
佐藤絹枝