アカヤシオ(ゴヨウツツジ)

植物図鑑

図鑑の見方

植物名

アカヤシオ(ゴヨウツツジ) 

学 名

Rhododendron pentaphyllum Maxim. var. nikoense Komatsu 

科 名

ツツジ科 Ericaceae 

旧科名

ERICACEAE ツツジ 

園内の花

解 説

山地の岩場に生える、高さ3-4mの落葉低木。枝はよく分枝し、無毛。葉は楕円形でやや硬く、枝先に5枚輪生する。花は、葉より先に、枝の先の花芽に1-2個下向きにつき、花柄は長い毛を散生する。花冠は濃桃色で、広く開き径約5cm、深く5裂し、さらにその裂片の先が浅く2裂する。雄しべは10本あり、うち上側のものは花糸が短い。 

現場の目

福島県いわき地方の山地が北限で、岩場の斜面に自生し見事な景観をつくっています。この地方では「イワツツジ」と呼んでいます。その様子から水はけのよい場所を好むことが分かります。アカヤシオは近畿地方から西に自生するアケボノツツジの変種といわれ、外見だけでは区別出来ないほど似ていますが雄しべや花柄に違いがあります。日光のいろは坂や赤城山などにも多く自生し、名所になっています。(中野好基) 

自然分布

本州(福島県以西)・四国・九州 

絶滅危惧ランク

 

日本固有

筑波山分布

園内区画

冷温帯落葉広葉樹林 

「おすすめ」
登場回数

7

スタッフによる今週のおすすめで紹介された回数を表します。

サムネイル表示

  • 前へ
  • 次へ
紅葉
  • 前へ
  • 次へ

紅葉

撮影場所
冷温帯落葉広葉樹林
撮影日
2006.11.1
撮影者
二階堂