筑波実験植物園

閉じる

こんにちは植物園です

<<前年 | 翌年>>

<< 2020年4月 >>

4月8日(水) 多目的温室の絶滅危惧植物
こんにちは、事務のIです。

植物園は3月25日から開園しておりますが、密閉空間となる恐れのある温室はご覧いただくことができません。
ですが、多目的温室ではケラマツツジ、アマミセイシカ、アマミスミレ、オオシマウツギが見ごろを迎えていますので、ご紹介させていただきます。
この時期の開花を楽しみにしてくださっているみなさまにはたいへん申し訳ありませんが、今年はブログの写真でお楽しみください。

ページトップへ

4月5日(日) 春の手入れ
こんにちは、登録室のuです。

3月末、岩礫地にて。区画担当の村井研究員と屋外班の方々が岩組みで熱心に作業をしていました。
このエリアにはさまざまな高山植物が植えられています。
夏は高温多湿、冬は冷たい筑波おろしの吹くつくばの地は、高山植物にとっても過酷です。
そうした環境の中でも生きていけるよう、夏の雨除け、冬囲い、侵入者の根の除去、用土交換など、植物園のスタッフは日々きめ細かい手入れをしています。
この日は、コマクサがしっかり根を張っているのを確認した皆さんからおおーという歓喜の声。喜びもひとしおです。
同時に、クロユリやミヤマハンショウヅルなど、バックヤードで大切に育てた苗も植え込まれました。
今、クロユリがちょうど咲き始めています(写真左:4月3日事務Iさん撮影)。
植物園のスタッフが手塩にかけた可憐な植物たちを見ていただければと思います。

ページトップへ

copyrights