さくらそう品種展2019 - 筑波実験植物園

2019年度人気投票結果PDFファイルさくらそう品種展 さくらそう品種展のみどころ
100品種を超える、日本屈指の展示数 江戸時代から受け継がれる日本の伝統園芸の粋をご覧ください。日本人が古くから愛で、独自の美意識と選抜眼で数多くの園芸品種を作り出してきた古典的園芸植物群は、文化的遺産としてとらえることができます。さくらそうは、野生種の栽培と鑑賞は室町時代に京都の宮廷文化で始まり、江戸時代に多くの園芸品種が作り出されました。一方、その育種過程についての詳細は不明でしたが、最近の遺伝子解析から園芸品種の起源となった集団が明らかになっています。今回の展示では、さくらそうの園芸品種を通して、日本人が野生の植物がもつ様々な遺伝的特性に気づき、愛でてきた歴史があることをお伝えします。
展示内容 桜草花壇、園芸品種「北斗星」「薄蛇の目」「美女の舞」「野生のサクラソウ」

さくらそう品種展概要

期間 2019年4月13日(土)~4月21日(日)
4月15日(月)は休園
開園時間 9:00~16:30
入園は16:00まで
開催場所 筑波実験植物園
入園料 一般:310円 21日(日)は入園無料
高校生以下・65歳以上:無料
団体:250円(20名以上)
リピーターズパス:年会費1500円
みどりのパス:年会費900円
障害者手帳をお持ちの方 及びその介護者1名無料です。

アクセス

独立行政法人国立科学博物館 筑波実験植物園

所在地 茨城県つくば市天久保4-1-1
お問合せ 代表:029-851-5159
FAX:029-853-8998
筑波実験植物園 アクセスマップ 土日・祝日はサイエンスツアーバス!1日乗車券[大人500円・小人250円]で、乗り降り自由 TEL:029-863-6868

さくらそう人気投票

どのさくらそうが好きですか?
100種類を超えるさくらそうの中から好きな品種に投票!

2018年度の人気投票結果

さくらそう販売

筑波大学さくらそう里親の会が栽培した株の頒布です。
(お一人当たりの個数制限があります)

一鉢500円です。なくなり次第終了いたします。

日にち 会期中毎日
場所 教育棟

関連イベント

「日本人が育んだ
 さくらそうの文化史」

「日本人が育んださくらそうの文化史」チラシ
開催期間 2019年4月6日(土)~4月14日(日)
4月8日(月)は休館
開催場所 国立科学博物館
〒110-8718
東京都台東区上野公園7-20
TEL:03-5777-8600
Webページ 「日本人が育んださくらそうの文化史」

ダウンロード