アカエゾマツ

植物図鑑

図鑑の見方

植物名

アカエゾマツ 

学 名

Picea glehnii (F.Schmidt) Mast. 

科 名

マツ科 Pinaceae 

旧科名

PINACEAE マツ 

園内の花

解 説

山地に生える常緑高木。大木では高さ40m、直径1.5mになるものもある。樹冠は長楕円状円錐形。樹皮は赤褐色で、不規則な鱗片状に薄くはがれる。若枝には赤褐色の毛がある。葉は針形で長さ6-12mm、暗緑色でやや湾曲し、先端は鈍形-鋭形、横断面はひし形で4面に白色の気孔帯がある。雄花は円柱形で帯紅色、雌花は紫紅色。球果は長さ4.5~8.5cmで下向きにつく。初めは暗紫色だが、9~10月に成熟すると明るい褐色になる。 

自然分布

北海道・本州(岩手県早池峰山)、南千島・サハリン 

絶滅危惧ランク

 

日本固有

筑波山分布

利 用

庭木、盆栽、建築材、パルプ 

園内区画

低木林(高地性)温帯性針葉樹林 

「おすすめ」
登場回数

0

スタッフによる今週のおすすめで紹介された回数を表します。

拡大表示

  • 葉

  • 葉

  • 葉

  • 葉

  • 樹皮

    樹皮