マルバヤナギ(アカメヤナギ)(フリソデヤナギ)

植物図鑑

図鑑の見方

植物名

マルバヤナギ(アカメヤナギ)(フリソデヤナギ) 

学 名

Salix chaenomeloides Kimura 

科 名

ヤナギ科 Salicaceae 

旧科名

SALICACEAE ヤナギ 

園内の花

解 説

高さ2~4mほどの低木。ネコヤナギとヤマネコヤナギの雑種。フリソデヤナギともいう。枝はまばらで長く斜上し、オリーブ色あるいは紅紫色でやや光沢がある。冬場になると、枝の日の当たる方が赤くなる。葉よりも早く長さ約5cmの大きな尾状花序をつける。雄花の雄しべ2個で、苞は白い絹毛におおわれている。冬芽が紅色なので、花屋では赤芽柳と呼ばれる。 

自然分布

栃木県 

絶滅危惧ランク

 

日本固有

筑波山分布

利 用

庭木、護岸樹、花材 

名前の由来

冬芽の芽鱗が紅色であることから。 

園内区画

砂礫地植物(山地性) 

「おすすめ」
登場回数

0

スタッフによる今週のおすすめで紹介された回数を表します。

拡大表示

  • 花