ミヤマザクラ

植物図鑑

図鑑の見方

植物名

ミヤマザクラ 

学 名

Prunus maximowiczii Rupr. 

科 名

バラ科 Rosaceae 

旧科名

ROSACEAE バラ 

園内の花

解 説

落葉高木。幹は高さ10m、径40cmになる。葉は互生し、葉柄は長さ10-15mmで褐色の毛を密生し、葉身は倒卵状長楕円形、長さ4-7cm、幅2.8-4.5cmで、先は尾状鋭尖形、基部は広いくさび形または切形。花期は5-6月上旬で、側枝に総状花序または散房状花序を出す。花序は長さ4-8cmで4-10花つき、軸には褐色の毛を密生する。花弁は白色、広楕円形で先は円形で長さ6-8mm、基部は広いくさび形または円形。染色体数は2n=16。 

自然分布

北海道・本州・四国・九州・朝鮮・中国(東北)・ウスリー・樺太 

絶滅危惧ランク

 

日本固有

筑波山分布

園内区画

冷温帯落葉広葉樹林 

「おすすめ」
登場回数

0

スタッフによる今週のおすすめで紹介された回数を表します。

拡大表示

  • 樹皮

    樹皮
  • 樹皮

    樹皮