ナツツバキ(シャラ, シャラノキ)

植物図鑑

図鑑の見方

植物名

ナツツバキ(シャラ, シャラノキ) 

学 名

Stewartia pseudocamellia Maxim. 

科 名

ツバキ科 Theaceae 

旧科名

THEACEAE ツバキ 

園内の花

解 説

本州(宮城・新潟以西)・四国・九州・朝鮮に分布する落葉高木。樹皮は淡赤褐色、平滑で光沢がある。6~7月、直径5cm程の白い花をつける。 

自然分布

本州(福島県・新潟県以西)・四国・九州(高隈山まで)/朝鮮南部に分布する。 

絶滅危惧ランク

 

日本固有

筑波山分布

利 用

材は床柱に用いる。寺院の庭によく植えられる。 

名前の由来

夏に咲き、花がツバキに似ていることに由来。 

園内区画

低木林(高地性)冷温帯落葉広葉樹林 

「おすすめ」
登場回数

6

スタッフによる今週のおすすめで紹介された回数を表します。

拡大表示

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 果実 葉

    果実 葉
  • 果実 葉

    果実 葉
  • 葉

  • 全形

    全形
  • 樹皮

    樹皮
  • 樹皮

    樹皮