タカネバラ

植物図鑑

図鑑の見方

植物名

タカネバラ 

学 名

Rosa nipponensis Cre'p. 

科 名

バラ科 Rosaceae 

旧科名

ROSACEAE バラ 

園内の花

解 説

針葉樹林帯、ハイマツ帯に生える、高さ1-1.5mの高山生落葉低木。徒長枝には帯白色の刺針が多生し、側枝は刺がまれになる。葉は7-9枚の、薄く楕円形または長楕円形の小葉からなる。小葉は湾曲する多数の鋸歯、短い小柄を有し、上向する。葉の表面は緑色、裏面は帯白色。個枝の先に紅紫色の花を1(-2)個つける。果実は紡錘形で先はくびれ、先端に宿存する萼片が直立し、黄赤色に熟す。 

自然分布

本州(尾瀬-中部高山)・四国(剣山) 

絶滅危惧ランク

 

日本固有

筑波山分布

園内区画

山地草原(高地性) 

「おすすめ」
登場回数

0

スタッフによる今週のおすすめで紹介された回数を表します。

拡大表示

  • 葉

  • 葉

  • 葉

  • 葉