ワタスギギク(サントリナ)

植物図鑑

図鑑の見方

植物名

ワタスギギク(サントリナ) 

学 名

Santolina chamaecyparissus L. 

科 名

キク科 Asteraceae/Compositae 

園内の花

解 説

高さ数十cmの小さな常緑低木。よく分岐、全体に銀灰色の綿毛をかぶる。頭花は茎頂に単生して黄色い強い芳香を放つ。 

自然分布

地中海沿岸 

絶滅危惧ランク

 

日本固有

筑波山分布

利 用

1%の精油成分を含み香水原料になるが商業的な利用には使われていない。ジョウチュウの駆虫薬にもされる。 

園内区画

温帯資源植物 中央 

「おすすめ」
登場回数

1

スタッフによる今週のおすすめで紹介された回数を表します。

拡大表示

  • 花

  • 花

  • 花