オキナグサ

植物図鑑

図鑑の見方

植物名

オキナグサ 

学 名

Pulsatilla cernua (Thunb. ex Murray) Spreng. 

科 名

キンポウゲ Ranunculaceae 

旧科名

キンポウゲ RANUNCULACEAE 

園内の花

解 説

日当たりのよい山野の草原に生える多年草。根は太く、根出葉は束生。長い葉柄があり、2回羽状複葉。小葉は深裂し、欠刻する。根出葉や花茎に長い白毛を密生。花茎の高さが10cm前後で開花するが、花後伸長して30~40cmにもなる。花は1個が頂生し、鐘形で下向きに開く。花弁に見えるものは萼片であり、真の花弁は持たない。花柱は長さ3~4cmになり、約3mmの白毛を密生する。 

自然分布

本州・四国・九州、朝鮮・中国(暖帯-温帯) 

絶滅危惧ランク

絶滅危惧Ⅱ類 (VU) 

日本固有

筑波山分布

利 用

中国で日本産白頭爺として下痢止めや赤痢に用いた。 

名前の由来

花後の白く長い花柱を持つ痩果の姿を老人の白髪に見立てた。 

園内区画

山地草原(高地性)岩礫地(山地性) 

「おすすめ」
登場回数

25

スタッフによる今週のおすすめで紹介された回数を表します。

拡大表示

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花