ドウダンツツジ

植物図鑑

図鑑の見方

植物名

ドウダンツツジ 

学 名

Enkianthus perulatus (Miq.) C.K.Schneid. 

科 名

ツツジ科 Ericaceae 

旧科名

ERICACEAE ツツジ 

園内の花

解 説

山地の主に蛇紋岩地帯に自生する。高さ1-3mの落葉低木。葉は長さ3-3.5cmで縁に細かな鋸歯があり、枝先に輪生状に互生する。枝先の若葉の下に長さ7-8mmの壷形の白い花を下向きに吊り下げる。ドウダンツツジの仲間は紅葉が美しい。 

自然分布

本州(伊豆半島以西)・四国(高知県)・九州(鹿児島県)、台湾(北部) 

絶滅危惧ランク

 

日本固有

筑波山分布

利 用

庭木としてよく用いる。 

名前の由来

灯台が訛ったといわれる。 

園内区画

山地草原(高地性)低木林(高地性)岩礫地(山地性)中央広場 

「おすすめ」
登場回数

24

スタッフによる今週のおすすめで紹介された回数を表します。

拡大表示

  • 花

  • 花

  • 花

  • 芽

  • 芽

  • 芽

  • 紅葉

    紅葉
  • 紅葉

    紅葉
  • 紅葉

    紅葉
  • 紅葉

    紅葉