ウマノスズクサ

植物図鑑

図鑑の見方

植物名

ウマノスズクサ 

学 名

Aristolochia debilis Siebold et Zucc. 

科 名

ウマノスズクサ科 Aristolochiaceae 

旧科名

ARISTOLOCHIACEAE ウマノスズクサ 

園内の花

解 説

土手などに生える多年生のつる草。茎は長く伸びてまわりのものにからむ。葉は卵状披針形で長さ4~7cm、基部は耳状となり、質は厚い。葉のわきから花柄を出し、花を横向きにつける。萼はラッパ状で長さ3~4cm、基部は球形にふくらみ、先端は斜めに切れた形で三角状にとがる。蒴果は球形で基部から6裂し、6本の糸状に裂けた柄で吊り下がる。花期は7~9月。 

自然分布

本州(関東以西)、四国、九州 

絶滅危惧ランク

 

日本固有

筑波山分布

園内区画

山地草原(低地性) 

「おすすめ」
登場回数

0

スタッフによる今週のおすすめで紹介された回数を表します。

拡大表示

  • 果実 葉

    果実 葉