ウラジロ

植物図鑑

図鑑の見方

植物名

ウラジロ 

学 名

Diplopterygium glaucum (Houtt.) Nakai 

科 名

ウラジロ科 Gleicheniaceae 

旧科名

GLEICHENIACEAE ウラジロ 

園内の花

解 説

常緑性のシダ植物。根茎は長く這っている。鱗片を密につけ、鱗片は黒褐色-茶褐色で披針形、辺縁には不規則に毛がある。葉は大きいもので2m以上にもなる。葉裏は白い。葉柄基部に芽をもち、小さいながらも根茎と同じような鱗片がある。胞子嚢群は中肋と辺縁の間に1列に並ぶ。胞子嚢は3-4個で白みがかった星状の側糸がをもつ。染色体数はn=56と言われる。 

自然分布

本州(新潟県・山形県以南)・四国・九州・琉球・アジアの熱帯 

絶滅危惧ランク

 

日本固有

筑波山分布

利 用

正月の飾りに用いる。葉柄を材料にかごなどの工芸品を作ることがある。 

園内区画

シダ植物 

「おすすめ」
登場回数

0

スタッフによる今週のおすすめで紹介された回数を表します。

拡大表示

  • 葉

  • 葉

  • 葉

  • 全形

    全形