トモエソウ

植物図鑑

図鑑の見方

植物名

トモエソウ 

学 名

Hypericum ascyron L. var. ascyron 

科 名

オトギリソウ科 Hypericaceae 

旧科名

CLUSIACEAE オトギリソウ 

園内の花

解 説

日当たりのよい草地に生える、高さ50-130cmの多年草。全体的に無毛で、茎は直立し枝分かれする。葉は薄く披針形で、多くの明点がはいる。茎の先に、黄色で巴形にねじれた花弁を持った径5cmほどの花をつける。花は日の光をきっかけに1日だけ咲く一日花。 

自然分布

北海道・本州・四国・九州、朝鮮・中国・シベリア 

絶滅危惧ランク

 

日本固有

筑波山分布

利 用

薬用 

名前の由来

トモエソウの名は花弁がねじれて巴(ともえ)状になっていることから。 

園内区画

山地草原(高地性)水生植物 

「おすすめ」
登場回数

3

スタッフによる今週のおすすめで紹介された回数を表します。

拡大表示

  • 花

  • 花

  • 花 全形

    花 全形
  • 花 全形

    花 全形
  • 花 全形

    花 全形
  • 花 全形

    花 全形
  • 全形

    全形