ハルニレ(ニレ, アカダモ)

植物図鑑

図鑑の見方

植物名

ハルニレ(ニレ, アカダモ) 

学 名

Ulmus davidiana Planch. var. japonica (Rehder) Nakai 

科 名

ニレ科 Ulmaceae 

旧科名

ULMACEAE ニレ 

園内の花

解 説

落葉高木。樹皮は暗灰褐色で、縦に裂け目がある。葉の出る前に、黄緑色の花をつける。6月、果実は熟す。肥沃な沖積平野や山麓に生える。 

自然分布

北海道・本州・四国・九州/朝鮮・中国(東北・北部)に分布 

絶滅危惧ランク

 

日本固有

筑波山分布

利 用

街路樹、庭園樹としても植えられる。 材は、建築材、器具材。 

名前の由来

春に花をつけるため。 

園内区画

冷温帯落葉広葉樹林水生植物教育棟温帯資源植物 東 

「おすすめ」
登場回数

1

スタッフによる今週のおすすめで紹介された回数を表します。

拡大表示

  • 芽

  • 樹皮

    樹皮
  • 樹皮

    樹皮
  • 樹皮

    樹皮