ウラジロガシ

植物図鑑

図鑑の見方

植物名

ウラジロガシ 

学 名

Quercus salicina Blume 

科 名

ブナ科 Fagaceae 

旧科名

FAGACEAE ブナ 

園内の花

解 説

山地に生える常緑高木。幹は高さ20m、径80cmに達する。樹皮はふつう灰黒色か白色で円形の皮目を散生する。葉は長さ7~11cmの広披針形あるいは披針形で、主脈はへこみ、縁に鋭い鋸歯がある。裏面は粉白色。雄花序を垂らし、上部の葉腋に緑色の雌花序を1個つける。堅果は翌年の秋に成熟し、長さ1.5~2cmの卵形または楕円形。殻斗には毛が密生し、6~7個の環がある。花期は4~5月。 

自然分布

本州(宮城・新潟県以西)、四国、九州、沖縄、朝鮮(済州島)、台湾 

絶滅危惧ランク

 

日本固有

筑波山分布

利 用

公園樹、建築・器具・楽器材・船舶材 

園内区画

常緑広葉樹林温帯資源植物 東 

「おすすめ」
登場回数

0

スタッフによる今週のおすすめで紹介された回数を表します。

拡大表示

  • 葉

  • 樹皮

    樹皮
  • 樹皮

    樹皮
  • 樹皮

    樹皮
  • 樹皮

    樹皮
  • 樹皮

    樹皮