コンニャク日記 リンク リンク
国立科学博物館筑波実験植物園では、世界最大の「花」といわれるショクダイオオコンニャクがまもなく開花します。世界でも開花がまれで、しかも咲いて2日目には閉じ始めることから、花を見るチャンスはめったにありません。開花までの成長のようすも見どころで、毎日の姿をホームページで公開します。

ショクダイオオコンニャク
[Amorphophallus titanum]

ショクダイオオコンニャク
インドネシア・スマトラ島の限られた場所に生える、サトイモ科の絶滅危惧種。巨大な花の集まり(花序)は高さ3m直径1m以上にもなり、世界でもっとも大きい花序をつける植物です。また腐った肉のような強烈な臭いを放ち、世界でもっとも醜い花とも呼ばれます。ギネスブックで認定された世界最大の記録は高さ3.1mで、今回どこまで大きくなるかが注目されます。
[2012年5月25日18時30分の様子]

始めはこんな姿でした

ショクダイオオコンニャク2018
2018年5月14日(月)撮影

ショクダイオオコンニャク2016
2016年7月6日(水)撮影

ショクダイオオコンニャク2014
2014年4月23日(水)撮影

ショクダイオオコンニャク2012
2012年3月16日(金)撮影
ショクダイオオコンニャク成長日記

2012年5月27日(日) 9:00撮影

本日200cm。昨日より4㎝縮みました。

今日はまさにコンニャクの臭さです。仏炎苞も昨日より閉じてきました。

ご見学の注意です。
安全にご覧いただくため、混雑状況により1日当たりの入場者数及び、鑑賞時間を制限させていただく場合があります。また、公共の交通機関でお越しくださいますようご協力をお願いいたします。混雑状況により整理券を配布させていただく場合もあります。

アクセス情報

※バス時刻表を訂正しました

6月26日開花しました!

次の記事へ前の記事へ