コンニャク日記 リンク リンク
国立科学博物館筑波実験植物園世界最大級の「花」といわれるショクダイオオコンニャクが2012年、2014年、2016年、2018年と開花しました。世界でも開花がまれで、しかも咲いて2日目には閉じ始めることから、花を見るチャンスはめったにありません。これまでの開花までの成長のようすや開花した姿をぜひごらんください。

ショクダイオオコンニャク
[Amorphophallus titanum]

ショクダイオオコンニャク
インドネシア・スマトラ島の限られた場所に生える、サトイモ科の希少植物。世界最大級といわれる「花」(1つの花のように見えますが、小さな花が集まった花序です。このように、花序全体がまとまって1つの花のように見えるものは「偽花」と呼ばれます)は、高さ3m直径1m以上にもなります。また腐った肉のような強烈な臭いを放ち、世界でもっとも醜い花とも呼ばれます。ギネスブックで認定された世界最大の記録は高さ3.1mで、今回どこまで大きくなるかが注目されます。
[2012年5月25日18時30分の様子]

始めはこんな姿でした

ショクダイオオコンニャク2018
2018年5月14日(月)撮影

ショクダイオオコンニャク2016
2016年7月6日(水)撮影

ショクダイオオコンニャク2014
2014年4月23日(水)撮影

ショクダイオオコンニャク2012
2012年3月16日(金)撮影
ショクダイオオコンニャク成長日記

コンニャク日記 開花日のようす

2018年6月26日(火)朝10時撮影



今日の地上部の高さは 237cmです。昨日から8cmの成長です。 開花まで、どこまで伸びるのでしょうか。楽しみです!
付属体の一部が少し割れてきました。

2018年6月26日(火)13時撮影

コンニャク開花は明日か明後日かと、今年の天候の不安定さに開花の予測をしにくい状況でしたが、まさか今日中に仏炎苞が開き始めるとは!
喜びと驚きで、スタッフ一同みな賑わっています。

2018年6月26日(火)16時撮影



刻々と開いていく様子に、まさに生きていると感動します!
仏炎苞が大きく開いて、内側の赤紫色が艶やかです。
朝と比べて、付属体の色味が変わってきたような気が…白く粉を吹いたように見えます。夜に開花する姿が待ち遠しいですね。

2018年6月26日(火)23時撮影

夕方17時ごろには仏炎苞がかなり開き、徐々にニオイもではじめました。
18時半の時点では、高さ240cm、直径106cm、前回とほぼ同じくらいのサイズでした。
前回は、夕方はさほどニオイは出ていませんでしたが、今年はこの時間にはかなり強烈なニオイが充満していました。
付属体から湯気が出始めたのは20時ごろ。
その後、23時ごろに計測したところ、仏炎苞の直径は117cmまで開いていました。
これまでと比べると、今年は仏炎苞がいちばん綺麗に開いたように感じました。

6月26日開花しました!

次の記事へ前の記事へ