コンニャク日記 リンク リンク
国立科学博物館筑波実験植物園世界最大級の「花」といわれるショクダイオオコンニャクが2012年、2014年、2016年、2018年と開花しました。世界でも開花がまれで、しかも咲いて2日目には閉じ始めることから、花を見るチャンスはめったにありません。これまでの開花までの成長のようすや開花した姿をぜひごらんください。

ショクダイオオコンニャク
[Amorphophallus titanum]

ショクダイオオコンニャク
インドネシア・スマトラ島の限られた場所に生える、サトイモ科の希少植物。世界最大級といわれる「花」(1つの花のように見えますが、小さな花が集まった花序です。このように、花序全体がまとまって1つの花のように見えるものは「偽花」と呼ばれます)は、高さ3m直径1m以上にもなります。また腐った肉のような強烈な臭いを放ち、世界でもっとも醜い花とも呼ばれます。ギネスブックで認定された世界最大の記録は高さ3.1mで、今回どこまで大きくなるかが注目されます。
[2012年5月25日18時30分の様子]

始めはこんな姿でした

ショクダイオオコンニャク2018
2018年5月14日(月)撮影

ショクダイオオコンニャク2016
2016年7月6日(水)撮影

ショクダイオオコンニャク2014
2014年4月23日(水)撮影

ショクダイオオコンニャク2012
2012年3月16日(金)撮影
ショクダイオオコンニャク成長日記

コンニャク日記 6月の成長のようす

2018年6月27日(水)8時撮影

朝来てみると、やはり仏炎苞が閉じ始めていました。
ニオイはほんの少しだけ、温室内のところどころで残っているように感じます。
ショクダイオオコンニャクを展示している熱帯雨林温室前には、葉挿しによる増殖中のコンニャクなども展示しています。
開園延長や葉挿しなどの特別展示は29日までです!

2018年6月28日(木)撮影

仏炎苞はだいぶ閉じてしまいました。
開花前のように綺麗な形ですが、咲き終えて役目を果たした威厳が感じられます。
ニオイは、残り香もほとんど漂っていないように思えました。

2018年6月29日(金)撮影

今日はすでに仏炎苞はかなり閉じてしまっています。

来園者の方から、もうひらかないのですか?とよく聞かれますが、 仏炎苞が綺麗にひらくのは開花した日の夜のみで、翌朝から閉じはじめそれ以降はほとんどひらきません。
とはいえ、このような姿を見られるのもおそらく今日までで、明日以降は付属体が倒れてしまうと予想されます。

この姿もしばらく見納めかと思うと、コンニャクのそばから離れがたく感じます。

夕方5時ごろ、付属体が倒れてしまいました。

6月26日開花しました!

次の記事へ前の記事へ