5度目の挑戦、大きくなあれ!!巨大な!くさい!コンニャク日記 世界最大級の「花」ショクダイオオコンニャクの開花までを観察します。2019年11月6日67kgのコンニャクイモを植え付け! リンク リンク
国立科学博物館筑波実験植物園世界最大級の「花」といわれるショクダイオオコンニャクが2012年、2014年、2016年、2018年と開花しました。世界でも開花がまれで、しかも咲いて2日目には閉じ始めることから、花を見るチャンスはめったにありません。これまでの開花までの成長のようすや開花した姿をぜひごらんください。

ショクダイオオコンニャク
[Amorphophallus titanum]

ショクダイオオコンニャク
インドネシア・スマトラ島の限られた場所に生える、サトイモ科の希少植物。世界最大級といわれる「花」(1つの花のように見えますが、小さな花が集まった花序です。このように、花序全体がまとまって1つの花のように見えるものは「偽花」と呼ばれます)は、高さ3m直径1m以上にもなります。また腐った肉のような強烈な臭いを放ち、世界でもっとも醜い花とも呼ばれます。ギネスブックで認定された世界最大の記録は高さ3.1mで、今回どこまで大きくなるかが注目されます。
[2012年5月25日18時30分の様子]

始めはこんな姿でした

ショクダイオオコンニャク2019
2019年11月6日(水)撮影
ショクダイオオコンニャク2018
2018年5月14日(月)撮影

ショクダイオオコンニャク2016
2016年7月6日(水)撮影

ショクダイオオコンニャク2014
2014年4月23日(水)撮影

ショクダイオオコンニャク2012
2012年3月16日(金)撮影
ショクダイオオコンニャク成長日記

コンニャク日記 1月の成長のようす

2020年1月17日(金)撮影

昨日より2cm伸びて高さ227cmになりました。
伸び方がいよいよ遅くなってきて、もう開花の準備が整っているように見えます。

正面から見たところ


2階からの観覧スポット

ここからの眺め

来園して写真撮影をご計画の皆様、当園にはこの熱帯雨林温室のほか、熱帯資源植物温室、水生植物温室、多目的温室、マンドレイクを展示しているサバンナ温室があり、たくさんのフォトスポットがあります。どこも中はあったか!でもそのせいで寒い外から来るとしばらくメガネやカメラのレンズが曇ってしまうのです。
この日記の画像も朝出勤してからまずひざ掛けでカメラをくるんでお腹であたためてから撮影しています。こうすれば待ち時間なし!これが難しい場合はレンズ拭きや曇り止めのご用意がお勧めです。
それから温室の床は湿気でどうしても滑りやすくなってしまうので、お気をつけてゆっくり歩いてくださいね。

ショクダイオオコンニャクが間もなく開花!現在の様子をライブ配信中!!※外部サイト

週末はスタッフブログで更新予定です!

前の記事へ